ウユクリーム 危険
肌が白くなると10~20代の女性に大人気のウユクリームって知っていますか?

塗るだけですぐに美白になれると話題になっており、もし本当にそうなら試してみたいところなのですが、ウユクリームについて調べると、たくさんの情報サイトから「ウユクリームは危険」といったワードがポストされていました…

ウユクリームが本当に危険な成分は入っているのでしょうか?

どのような成分が入っているのか検証してみました。

ウユクリームの危険な2つの成分って?

大人気韓国美白クリームとして話題になっているウユクリームが危険と言われるようになった原因を調べてみると、ウユクリームに配合されている2つの成分が関係していることが分かりました。

その成分とは「酸化チタン」と「ジメチコン」です。

とは言っても、成分について詳しくないとどんな成分なのか分からないですよね。

この2つの成分はなぜ危険と言われるようになったのか理由をまとめてみました。

・酸化チタン

ファンデーションや日焼け止めなどにもよく含まれている成分で、天然鉱物由来の成分の一種です。

紫外線を跳ね返す働きが認められており、安全性の高い成分と言われているのですが、肌を劣化させる危険性もあるとされています。

酸化チタンの危険性については様々な意見が出ており、今のところ賛否両論とされていますね。

・ジメチコン

ジメチコンはシリコン剤の一種であり、シリコンはコーティング効果があるのですが、普通の洗顔料では落とすことはできません。

普通の洗顔料で洗ってしまっても、肌にシリコンが蓄積してしまい、肌荒れの原因になってしまうことから、シリコンの一種であるジメチコンも危険だと言われています。

そのため、ウユクリームを使用する場合はメイクをしていなくてもクレンジングを使用する必要がありますので気をつけましょう。

まずはパッチテストを行おう!

ウユクリームに含まれている酸化チタンとジメチコンが含まれており、こちらの2つの成分は絶対に大丈夫!と言えない状態です。

口コミサイトをチェックしても、大半の方は使用しても肌荒れなどは起こっていないと投稿されていますが、一部では痒みや炎症を感じたと悪い口コミを投稿している方もいました。

特に敏感肌やアトピー肌の人が使うと肌荒れを起こしやすいので、肌質によっては残念ながら使用できない人もいます。

どうしてもウユクリームを試してみたいのであれば、まずは手首などでパッチテストを行い、肌に異常が起きないかどうか確認してから行ってくださいね。

実際にウユクリームを使った人の感想は?

・簡単に美白になれると聞いて買ったけど、正直白浮きするし、使いにくいです。

これじゃあ夜しか使えないし、3日連続で使っていたら、肌がピリピリしてきました…

・韓国の女の子みたいに白くなって嬉しい!

けどウユクリームを塗っていないと白くならないので、地肌にあまり変化はないかも…

・確かにすごく白くなります。

でもすごく不自然だし、友達にも変って笑われました…

もともと肌が白い子ならいいと思いますが、あまり白くないなら合わないかも。

・朝塗ると昼頃には肌がガサガサ…

夕方なんてもう朝にしたメイクが全て崩れて恐ろしいことになっていました。

いくら白くなっても使えないので、もったいないけれど捨ててしまいました。

安いからいいけど、もう少し期待していたのにガッカリです。

ウユクリームの口コミを見ると、悪い口コミもいくつも投稿されており、合わない方も多いようですね…

配合されている成分も危険か安全かと断定できない状態ではあるので、ウユクリームを使用する前は、必ずパッチテストを行って肌に合うか必ず試してみましょう。