トラネキサム酸 シミ 皮膚科
紫外線に気をつけたり、美白化粧品を使ってケアしていても、シミは簡単に治すことができず、どうすればいいのか悩んでいる方も多いですよね。

シミがあるだけで憂鬱な気分になりますし、メイクで隠そうとすると厚塗りになってしまって、おばさんっぽくなってしまうことも…

シミや肝斑を治すために皮膚科に行くとトラネキサム酸を処方されることが多いのですが、どれくらいで効果を実感することができるのでしょうか?

トラネキサム酸でシミを治せるのはなぜ?

トラネキサム酸なら身体の内側からシミや肝斑の原因を抑制することができるとされているのですが、なぜトラネキサム酸を摂取することでシミや肝斑を抑えることができるのでしょうか?

シミに聞くメカニズムを調べてみると、トラネキサム酸に含まれている抗プラスミン作用にはアレルギー炎症を抑える働きがあります。

また、プラスミンが働くことで生成される情報伝達物質のプロスタグランジンの作用により、シミや肝斑の原因であるメラノサイトの働きを抑えることができるのです。

トラネキサム酸は塗るタイプのものもありますが、内側から摂取させることで血流によって皮膚の深層に送ることでより高い効果を発揮することができるのですね。

皮膚科だとトラネキサム酸と一緒にL-システインやビタミンCなども一緒に処方されることが多いでしょう。

身体の内側から美白ケアすることで効果的にシミや肝斑を抑えることができるトラネキサム酸ですが、それだけ効果が高いのであれば副作用の危険性はないのでしょうか?

副作用の危険性と注意点

トラネキサム酸は市販の内服薬でも購入することできますが、皮膚科で処方されるトラネキサム酸との大きな違いは含有量です。

市販で販売されている内服薬の約2倍のトラネキサム酸含有量が入っているので、より効果を実感することができますが、やはりその分副作用が起こる危険性もゼロではありません。

比較的にトラネキサム酸は副作用が出にくい成分とされていますが、副作用が出た場合は下記の症状が表れることもあります。

・食欲不振
・嘔吐
・湿疹

これらの症状が出る危険性もあるので、もしトラネキサム酸を摂取して体調不良を起こした場合はすぐに服用をストップし、病院で診察してもらいましょう。

また、注意点としてはトラネキサム酸には止血作用があります。

そのため、高血圧や妊娠中の方が摂取することはできません。

高血圧の場合は程度によっては摂取できる場合もありますが、必ず医師に相談してくださいね。

大事なのは内側と外側のWケア

皮膚科で処方されるトラネキサム酸を摂取することで、シミや肝斑の生成を効果的に抑えることができますが、それでも効果を実感できるのは3~4週間かかるとされています。

その間に肌の外側のケアを何もしないでいると、紫外線などの影響からまたシミを増やしてしまうので、どちらか一方だけでなく、本気でシミや肝斑を治すのであれば、Wのケアが必要です。

また、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘を差すなど紫外線から肌を守るために少し意識するだけでも肌は変わっていきますので、できる限りの紫外線予防を行うようにしましょう。

また、シミの原因であるメラノサイトはホルモンバランスが乱れることでも活性化してしまうので、栄養バランスの良い食生活や良質な睡眠、ストレスを貯めないように心がけてくださいね。

一度に全てのことはできないので、まずはできることから始めてみましょう。

皮膚科で処方されるトラネキサム酸は美白効果も高いですが、大事なのは内側と外側両方の美白ケアです。

内側はトラネキサム酸、外側は美白化粧品を使って、シミやくすみを感じさせない明るい肌へと変えていきましょう。