シミ オロナイン
オロナインは火傷や切り傷、アカギレなどに効果があることから、家庭に1個必ずあるとされている常備薬です。

しかし、近年オロナインはアンチエイジング効果があると注目されたことから、肌を美しくする様々な効果が期待されています。

一部の情報サイトではオロナインでシミが聞けるといった噂が出ているようですが、本当にオロナインでシミを消すことができるのでしょうか?

シミへの効果があるのか確かめてみました。

オロナインでシミは本当に消せるの?

オロナインの主な効能は殺菌作用です。

主成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液となっており、強い殺菌効果を持つことから、雑菌の繁殖を防ぐことができるとされています。

雑菌を減らすことで傷などの悪化などを防ぐだけでなく、毛穴に詰まった雑菌を防いでニキビを治すことができることが判明したことで、オロナインは美容効果が高いと注目されるようになったのですね。

綿棒にオロナインをつけて、ニキビ部分に少し塗るだけで炎症したニキビを抑えることができるので、ニキビに悩んでいる方にはいいですよね。

しかし、肝心のシミへの効果はオロナインに配合されている成分では期待できません。

炎症や殺菌をしたとしても、シミには何も影響することはないので、オロナインで直接的にはシミを治すことができないでしょう。

また、オロナインの成分表を調べても、美白効果のある成分は配合されていないので、シミがある部分にオロナインを塗ったとしても、残念ながらシミを治すことはできません。

シミの予防には効果あり?

できてしまったシミを治すことはできないにしても、シミの種類によってはオロナインを使うとシミ予防効果があるとされています。

シミの種類の中でも炎症後色素沈着に部類するシミを防ぐことができるので、シミに対して全く効果がないわけではないのです。

ですが、シミを予防するためにオロナインを顔中に塗りたくるわけにはいかないですし、やはりオロナインはシミ対策には向いていないでしょう。

正しいスキンケアでシミ予防しよう

オロナインはニキビを治す効果はあっても、シミを改善する効果はありません。

シミを効果的に治すには、美白有効成分が配合されている基礎化粧品で、正しくスキンケアをすることが大事です。

また、美白効果があるサプリや内服薬を摂取することでもシミを予防することができます。

身体の外側と内側からケアしてあげることで、シミを効果的に抑えることができ、理想の肌へと改善してくことができるのですね。

そして、生活習慣を改善するだけでもシミを予防することができます。

偏食や外食ばかり繰り返していると、栄養が偏ってしまって、肌の細胞が劣化していき、紫外線の影響を受けやすくなってシミを増やす原因になります。

睡眠不足やストレスを溜めることで、きちんと美肌になるための栄養を血流から送ることができなくなってしまうなど生活習慣だけでも様々な弊害が起こるので気をつけましょう。

これらの生活習慣は少し意識するだけも変わってきますので、できることから少しずつ意識して変えてみることで、シミ予防や改善に効果があるだけでなく、健康にもいいので今日からでも始めていってくださいね。

オロナインは殺菌作用のある優れた薬ではあるのですが、シミを消す効果はありません。

シミを消すためには必ず美白有効成分配合の化粧品を使う必要があり、より効果を高めるためには美白サプリや内服薬を使うのもいいでしょう。

ふと鏡を見た時にシミが増えていると、年齢を感じてしまって悲しくなってしまいますよね。

自分の肌を好きになるためにも、まずは正しい美白ケアを行い、生活習慣を改善して健康的にシミのない明るい肌を目指していきましょう。