シミ 飲み薬 皮膚科
肌が白い女性はその人の魅力よりさらに美しく感じさせますよね。

憧れの美しい白肌になるために、レーザー治療や高級な美白化粧品を使っていても、お金が続かないですし、本当にこの方法でシミを治すことができるのか、専門医に相談したいと考えている人も多いでしょう。

皮膚科で処方される美白効果のある飲み薬を飲むことで、内側から肌を美しくすることができると言われていますが、どのような手順で治療するのでしょうか?

皮膚科でどのようにシミを治すの?飲み薬でシミを治すための手順

1、 皮膚科医によるカウンセリング

シミを治すために皮膚科に行っても、いきなり飲み薬を処方されるわけではありません。

シミといっても様々な種類があり、そのシミに合った正しい治療方法を行なわないと、最悪の場合は逆にシミが濃くなってしまうことも。

どんな飲み薬や治療を行えばいいのか見極めるために、皮膚科医によってシミが特定されます。

2、 治療方法を説明

どんなシミなのか、どのようにすればシミを消すことができるのか、担当の皮膚科医から説明があります。

治療法といっても飲み薬だけではなく、レーザー治療なども提案されることもありますが、基本的には飲み薬も併用して行っていくので、それを踏まえて治療方針、スケジュールを相談しましょう。

3、 治療開始

飲み薬によるシミの治療には最低でも2~3ヶ月は必要となってきます。

肝斑の場合だと6~1年かかることも珍しくありません。

皮膚科にもよりますが、定期的のシミの改善具合を確認するために、1ヶ月に1回など定期的に通い続ける必要があります。

どんな飲み薬が処方されるの?

皮膚科でシミ治療のために処方される飲み薬の多くは「トラネキサム酸」です。

トラネキサム酸は色素沈着を抑える効果がある飲み薬で、血流にのって皮膚の隅々まで成分を届けることができるので、顔だけでなく、身体のシミにも効果を発揮します。

また、トラネキサム酸だけでなく、ハイドロキノンやビタミンCなどの外用剤をシミの症状によっては併用して使う場合もあります。

トラネキサム酸は市販のサプリや化粧品も配合されている美白成分ですが、皮膚科で処方できる飲み薬だと濃度がより濃いため、効果の実感力をより高めることができるでしょう。

シミ治療に失敗しないために大事な皮膚科選びのポイント

皮膚科に行けば、シミが簡単に治るというわけではなく、皮膚科の選択を間違えるとあとで取り返しの付かないことになることも…

皮膚科医の知識や技術力によっては、間違った処方をしてしまい、全く効果を実感できなくてお金や時間の無駄になってしまったケースも少なくありません。

実際に皮膚科の口コミでもそのような投稿は多く、知識や技術不足だけならまだしも

「本気で悩んでいるのにきちんと相談にのってくれなかった」

「ほとんど顔もみないで適当に飲み薬だけ処方された」

「こちらが相談するとすごく面倒くさそうに対応された」

など、医師によってはきちんとカウンセリングを行ってくれないこともよくあるようです。

一度シミ治療を始めると、何度か皮膚科には通い続けないといけないので、本当に信用できる先生なのかどうか確かめるためにも、まずは口コミサイトから評判の良い皮膚科を調べ、相談して通い続けるかどうか決めましょう。

もちろんきちんと対応してくれる素晴らしい皮膚科もたくさんあるので、まずは安易に皮膚科を決めずにネットや口コミで情報を収集してから行ってみてくださいね。

皮膚科で処方される飲み薬による治療を行うことで、内側からシミの生成を抑えてシミを改善することができます。

内側から効果的にシミを抑えることができる飲み薬で、理想の明るい肌を手に入れてくださいね。