シミ コンシーラー 色
メイクをする時にファンデーションだけ塗ってもシミが分かってしまうので、コンシーラーを使われる人も多いでしょう。

しかし、コンシーラーといっても色やタイプが様々で、間違った選び方をしてしまうとシミを隠すどころか逆に目立ってしまうことも。

今回はシミを上手に隠すための正しいコンシーラーの色やタイプの選び方についてご説明します。

何を基準にコンシーラーを選べばいいのでしょうか?

シミを隠すコンシーラーの色は?

いざシミを隠すためにコンシーラーを買おうとしても、色がたくさんありすぎて何を選べばいいか分からなくなってしまっていませんか?

コンシーラーでシミを隠す場合は必ず自分の肌より少し暗い色にしましょう。

シミは黒い、または茶色なので、明るい色のコンシーラーのほうが良さそうに見えてしまいますが、かえってシミを目立たせてしまいます。

たっぷりつけすぎてしまうと、シミの部分が浮いてしまうので、少量を少しだけ塗ってしっかり肌に馴染ませてあげることがポイントです。

厚塗りはメイク崩れの原因にもなりますし、あまり塗りすぎるとシミのように見えてしまうので注意してください。

シミを隠すならどんなタイプのコンシーラーがいいの?

シミをうまく隠すにはどのようなタイプのコンシーラーを選べばいいのでしょうか?

コンシーラーのタイプによって、特徴がかなり異なります。

どのような特徴がるのかまとめてみました。

・リキッド

カバー力は高くないものの、液状になっているので広範囲のシミにも塗りやすいタイプになっています。

テクスチャーがさらっとしているので、保湿力も高いことからメイクによる乾燥を防ぐことができるのもいいですね。

リキッドタイプなら皮膚層の薄く、肌の負担がかかりやすい目元のシミに使われるとよれにくいです。

・クリーム

クリームタイプのコンシーラーをパレット型で何色も入っていることが多いのが大きな特徴です。

何色も入っているので、シミを隠すのに合う色を自分で調節することができるので、自分の好みの色を作ることができるのもいいですね。

・スティック

口紅のような形状になっているので、そんなに伸びはしませんが、使い勝手がとてもいいです。

カバー力が高いので、広範囲のシミではなく、小さめのシミにピンポイントに塗りましょう。

・ペンシル

コンシーラーのタイプの中でも最もテクチャーが高く、鉛筆のような形状をしています。

細かい部分も塗ることができ、シミをピンポイントに隠したり、口元のラインを整えるのに向いています。

最後は必ずフェイスパウダーで整えて

自分のシミに合わせた色やタイプのコンシーラーを使ってメイクをしても、その後にパウダーで油分を抑えることが大事です。

コンシーラーの後にフェイスパウダーで仕上げることで、肌全体の色のバランスがとれて、メイク崩れを防止する効果もあります。

コンシーラーを使いこなして、肌美人をなろう!

コンシーラーといっても、色やタイプが様々ですし、シミの種類や形状によっても合うコンシーラーが違いうので、一つだけでなく、複数のコンシーラーを準備しておいたほうがいいでしょう。

ファンデーションだけでシミを隠そうとすると、メイクが厚塗りになってしまっておばさん顔になってしまいます。

うまくコンシーラーを使いこなすことで、ベースメイクをキレイに仕上げることができるでしょう。

コンシーラーは色だけでなく、どんなタイプを使うのかも大事なので、まずは気になっているシミがどんなタイプなのかチェックしてみましょう。

うまくコンシーラーを使えるようになれば、肌悩みが解消できるだけでなく、肌を美しく見せることができます。

肌悩みを見せない憧れの肌をコンシーラーを使って演出してみませんか?