HAKU 美容液 使い方
ふと気がつくと増えているシミの数。

いつの間にかメイクで隠しきれないほど濃くなってしまったシミを見つけるとかなりショックですよね…

HAKUの美容液はシミの根源を狙い撃ちすることで、シミの生成を防ぐことができる美容液なのですが、どんなに優秀な美白美容液でも正しい使い方を知らないと効果が半減してしまうことも。

そこで、HAKUの美容液の基本的な使い方とさらに効果を高める使い方をまとめてみました。

HAKUの美容液のスキンケアの手順はいつ?

まず使い方の前に覚えておきたいのが、いつのタイミングでHAKUの美容液を塗ることが正しいのかです。

この手順を間違えてしまうと、いくら正しい使い方をしてもHAKUの美容液の本来の効果を発揮することができません。

いつも使っている美容液と同じタイミングで使えばいいのでは?と思われているかもしれませんが、美容液によってどのタイミングで塗るかが異なることもありますし、初めて美容液を使うのであれば、いつが正しいのか分からない方もいるでしょう。

HAKUの美容液の場合、スキンケアの手順のどのタイミングで使えばいいのでしょうか?

◯HAKU美容液の正しい手順

1、化粧水

2、HAKUの美容液

3、乳液

このように化粧水の後にHAKU美容液を使うことで、効果をしっかりと発揮することはできるのですね。

それではどのタイミングで使えばいいか分かったところで、本題のHAKU美容液の基本の使い方をご説明していきましょう。

HAKU美容液の基本の使い方

1、HAKU美容液を手のひらに2回プッシュします。

2、おでこ、鼻、両頬、顎の5点に置き、優しく肌へと馴染ませていきます。

3、円を描くように顔全体に隈なく馴染ませます。
 この時に目元は特に優しく圧をかけないように気をつけてください。

4、顎先やフェイスラインもきちんと馴染ませます。

HAKU美容液の使い方はたったこれだけです。

丁寧に顔全体に馴染ませれば、HAKU美容液の成分が肌の奥まで浸透していき、シミやくすみを解消していってくれるのですね。

基本の使い方はこれだけですが、早く効果を実感したいのであれば、基本の使い方に加え、少しの手順を加えることでより効果を高めることができるでしょう。

HAKU美容液の効果をさらに高めるためには、どのような使い方をすればいいのでしょうか?

HAKU美容液の効果を高める使い方

1、HAKU美容液の基本の使い方を行います。

2、さらに指先に美容液を少量取り、シミ部分に中指と薬指を使ってくるくると馴染ませます。

3、顔全体を優しくハンドプッシュします。

HAKU美容液の基本的な使い方に、この手順を加えるだけで、より早く理想の肌へと仕上げることができるでしょう。

手順といってもたったこれだけなので、こんなに簡単なことで効果の実感力を高めることができるのであれば、これはぜひトライしたいですよね。

HAKU美容液の使い方の注意点

先ほどご紹介したHAKU美容液の基本的な使い方とさらに効果を高める使い方をすれば、シミやくすみを感じさせない透明感溢れる肌へと導くことができるしょう。

使い方の注意点としては、成分の浸透を高めたいからと力を入れすぎないことです。

力を入れ過ぎることで摩擦が起こり、肌に大きな負担がかかってしまいます。

肌が敏感なのであれば、それだけでも肌トラブルの原因もなるので、HAKU美容液を塗る時は優しく、肌に負担をかけないように意識ながらケアしていってくださいね。

また、適量より少ないと思うような効果を感じることはできません。

必ず適量を守って使うようにしましょう。

HAKU美容液の基本的な使い方と効果を高める使い方を行えば、よりシミを撃退することができます。

今あるシミを消したい、または予防のためにもHAKU美容液の力で明るい肌を目指しましょう。

>>【期間限定】HAKU美容液メラノフォーカスVお試しサイズの特設ページはこちらから