ブライトエイジ アスタリフト

ブライトエイジとアスタリフトはアンチエイジングを考えた化粧品ですが、どちらがおすすめなのでしょうか?似ている化粧品なので、どちらを買おうか悩む人は多いと思います。ブライトエイジとアスタリフトを比較してみました。
MENU

ブライトエイジとアスタリフトを比較!どちらがおすすめ?

ブライトエイジとアスタリフトはアンチエイジングを考えた化粧品ですが、どちらがおすすめなのでしょうか?

 

似ている化粧品なので、どちらを買おうか悩む人は多いと思います。ブライトエイジとアスタリフトを比較してみました。

 

 

メイク落としを比較

【ブライトエイジ】
濡れた手でもOKのクリアミルククレンジング。

 

90%以上の美容液成分を配合しており、グリチルレチン酸ステアルが肌荒れを防いでくれますよ。

 

ゆるめのテクスチャーで肌に馴染ませやすく、メイクと汚れをしっかり落とします。

 

ブライトエイジシリーズはすべて無香料なので、香りで気持ち悪くなってしまう心配もありません。

 

【アスタリフト】
ジェルタイプのメイク落とし、クレンジングジェル。

 

保湿効果の高いアスタキサンチンやリコピン、コラーゲンなどを配合しています。

 

コクのあるテクスチャーですが、肌にのせればちゃんと馴染んで皮脂やメイクを落としてくれますよ。

 

アスタリフトシリーズはダマクスローズが使用されており、ほんのりとローズの香りがします。

 

 

洗顔料を比較

【ブライトエイジ】
しっとり洗い上げるクリアクリーミーウォッシュ。

 

保湿成分のヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウムが配合されており、洗ったあともしっとりが続きます。

 

また、グリチルレチン酸ステアルが肌の炎症を防ぎます。

 

少量でもキメ細かい濃密泡を作ることができ、肌に密着して毛穴の汚れを落としてくれますよ。

 

【アスタリフト】
ブライトエイジと同じく、しっとり洗い上げるモイスチャーフォーム。

 

アスタキサンチンとリコピンがくすみの原因となる古い角質や汚れ、皮脂を落としてくれます。

 

ブライトエイジと比べると、泡に弾力がなくキメが粗いです。

 

 

化粧水を比較

【ブライトエイジ】
うるおい成分が肌をときほぐすリフトホワイトローション。

 

有効成分のトラネキサム酸が配合されており、シミやそばかすの改善が期待できますよ。

 

また、グリセリルグルコシド液が肌を保護して保湿します。

 

サラッとしたテクスチャーですが、肌にのせるとぐんぐん浸透していきふっくら肌に変化します♪

 

【アスタリフト】
肌にうるおいを与えるモイストローション。

 

3種類のコラーゲンとヒアルロン酸が配合されており、肌をしっとりうるおわせます。

 

ブライトエイジと同じくサラッとしたテクスチャーでべたつかないですが、しっとり感がずっと続きますよ。

 

比較すると、浸透力はブライトエイジのほうが早いです。

 

 

美容液を比較

【ブライトエイジ】
乳液と美容液が一緒になっているリフトホワイトパーフェクション。

 

美白効果があるトラネキサム酸やアーティチョークエキス、保湿効果が高いリフティングフォースを配合しています。

 

クリームはやわらかめのテクスチャーで、化粧水と同じく肌にのせると浸透していき、ふっくら肌に仕上げてくれますよ。

 

化粧水のあと、これ1本で乳液やクリームをつける必要がないのはとても楽ちんですね♪

 

【アスタリフト】
美容成分が弾力肌に導くエッセンスデスティニー。

 

3種類のコラーゲンやリコピン、アスタキサンチン、ローヤルゼリーなどのうるおい成分をたっぷり配合しています。

 

蜂蜜のようにとろみのあるテクスチャーになります。

 

ブライトエイジと比べると、浸透力がびっくりするほど早いです!

 

けれど、美容液のあと乳液やクリームを重ねなくてはならないので、忙しい朝は大変ですね。

 

 

ブライトエイジとアスタリフト、どちらがおすすめ?

どちらもハリとうるおいのある肌を作ることができますが、ブライトエイジがおすすめです!

 

アスタリフトにはローズの香料が入っており、香りが苦手だと感じる人も中にはいるでしょう。

 

香料で肌がかぶれたり、かゆみが出たりといった肌トラブルが起きることもあるので、敏感肌には向きません。

 

ブライトエイジは無香料なので肌にやさしく、敏感肌でも安心してケアできます。

 

また、ブライトエイジの美容液は乳液の機能もついているので、化粧水のあとこれ1本で済むのはとても便利で楽ですよ。

このページの先頭へ